いつも道の途中

 

Eat, Pray, Love: One Woman's Search for Everything Across Italy, India and Indonesia (international export edition)

Eat, Pray, Love: One Woman's Search for Everything Across Italy, India and Indonesia (international export edition)

 

 

 

 

 

この映画を最初に見たのは、飛行機の中でした。

その頃はハビエル・バルデムもピンと来ていなかったし、ただジュリア・ロバーツだから見たという感じ。感想はと言うと「なにこの自分探しムービー」だったんですよね。

 

その後、DVDを借りて見直した時のカットシーンでぐっと来ました。主人公リズの友達、デリア。念願だった子供が生まれて以来、リズとデリアはお互いに無い物ねだりをしているんですね。リズは子供と家庭を持って安定しているデリアに対して焦りを感じているし、デリアは自分が選択した道と分かっていても「子供を持つのは顔に入れ墨を入れるようなもの」と思い、自由に旅に出ることができるリズを羨んでいる部分がある。簡単な「自分探し」じゃなくて、誰もが持つ悩みに対する答えの一つが「Eat,Pray,Love」。自分の再生のための時間、考えるための時間が欲しいときってありますよね。

地上波で放送した時に録画したものをたまに見返すんですが、たまたま今日の日中1年振りくらいに見たんです。

イタリアを旅してひたすら食べる。恋もスルーし、体重も気にせず、新しい友達と大いに笑って、家族のように過ごす。その中で「自分を表す言葉を見つけなさい」と言われて戸惑う。

次にインドの瞑想寺院へ。(そう! インドです! インドシーンあったな!と思い出して、インドにハマっている今、大興奮) インドで出会った少女の人生を見つめ、前夫をやっと赦せるようになり、自分のことも赦せるようになる。

スッキリしてバリに行ったら、次は恋。久しぶりの恋でなかなか踏み出せない。それでも最後には「一歩踏み出して、道を渡る」と決断する。

Italy、India、Indonesia。旅した国は全て「I」で始まるんですね。

英語版だけど、原作読めるかな。読んでみようかと思っています。また別の発見がありそう。 

 

 

ストレスが溜まっているときほど、「立ち止まってじっくり考えたい」と思ってしまいます。私の場合は考えても答えが出ないので、「何かを始めて変化しつつ感じる」方が向いている様子。

ちょうど最近、瞑想とヨーガを再開したんですよ。まだまだ思う通りにできませんが、少しずつ自分の身体と精神、両方と向き合っていきたいのです。その中で見えてくるものがある気がしています。そのタイミングで、毎日ダラダラ飲んでいたお酒もすっぱり止めてしまいました。また飲む日も来るとは思うけれど、一つの変化です。

 

映画に出てきた3つの国、全部行きたいですね。

(ただ、インドのことは好きすぎて失望したくなくて、ちょっと及び腰です。インドは、遠くから見ているくらいでw まだ、私にはレベルが高すぎてw)

 

この映画は「自分探しムービー」かも知れないけれど、旅も人生も、自分と向き合う時間には変わりがないのです。今すぐ答えが見つからなくても、大事にしたいものを集めながら生き、余分なものを手放しながら生きる。私もまだまだ修行します、はい。

 

 

 

名探偵ポアロシリーズ長編33作読破

読破しました。他の本も読みつつ、足掛け2年くらいかかりました。

タイトルは以下。Wikipediaより抜粋。

 

 

エルキュール・ポアロ - Wikipedia

 

 

あとで全体を評価できるようにと、タイトルやあらすじ、自分なりのレイティング(A〜Fランク)をメモに書きながら読み進めました。

ここでは1位と33位についてさらっと書こうかな、と。大きなネタバレはしない予定。

 

まずは堂々の「ドベ」33位。

「ビッグ4」

ビッグ4 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

ビッグ4 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

この小説を出版した前年12月にアガサは失踪事件を起こしており、小説自体も細かいエピソードを無理に1本の小説にまとめたような体裁で、「風呂敷は大きいが、一貫性がない」という、およそミステリー作品と思えない出来。どったんばったん大騒ぎのエンタメ小説だと思って読む覚悟が必要です。

 

 

私の1位は「アクロイド殺し」にしました。

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

アクロイド殺し (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

ポアロシリーズ読み始めの序盤に触れた作品だったこともありますが……。ドラマ類も見たことが無く完全に初見だったので、してやられた感が楽しかった。冒頭でカボチャを育てるポアロも印象深く、その他の作品にもカボチャを育てた話題がちらほら出てきてほっこりしたのでw 

 

次点として上げたい、というか、実質1位は「オリエント急行の殺人」でしょうね。

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

数年前に三谷幸喜脚本のドラマ版を見ていて、色々台無しというか、いや、どうも配役が日本人で脳内再生されてしまってゴホンゴホンだったのですが、また映画化もされるようだし、名作だと思います。

 

 

ついでなので、その他で私が高評価をつけたものは以下。 

ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

ABC殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

ABC殺人事件こちらも名作。人に勧めやすい王道作品だと思います。安定感がある。

 

ナイルに死す (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

ナイルに死す (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

「ナイルに死す」数年前のドラマ版(英)を見ていたけど、中東ものの中でダントツに好きです。豪華な船旅とエジプトの遺跡のエキゾチックさ。中東ものだと「メソポタミヤの殺人」「死との約束」もあるのですが、他に比べて一段と豪華で悲しいストーリー。もう一度読みたいですね。

 

カーテン(クリスティー文庫)

カーテン(クリスティー文庫)

 

「カーテン」ポアロの引き際。複雑な思いですが、アガサもまた、ポアロに対して複雑な思いを持っていたんでしょう。弱者の味方でも、正義を貫く刑事でもない主人公なので。

 

 

全体的に何が良かったかと言うと、「だいたいが金持ちの遺産争い/金をめぐる争い」なので、貧乏で下品で粗暴な人間があんまり出てこないところです。ちゃんとした身なりで、豪華な屋敷に住んでいる、まっとうな教育を受けた人間が出てくるあたり「ダウントン・アビー」感があって良かったですね。実は投機で失敗していたり、あらぬ所で血のつながりがあったり、お金があっても人間臭さは変わらないのね〜という話の筋と、最後は犯人が分かって「おわり」な所も「火サス」みたいで気軽に読めました。

翻訳によってポアロの口調が違って「こんな口調はデイヴィット・スーシェじゃない」と思うものも。様々なサイトで評判が良い作品から読み進めたので、最後のほうはカス作品()が残って全作読破苦労しましたw 

 

 

ポアロ以外ではもちろん「そして誰もいなくなった」も読了。差別的な用語だとして現在の翻訳では使われない言葉が多いというので、わざと古い版の中古本を買いました。アガサの本はKindle版を買っているので、「そして誰も〜」だけ文庫本です。読み返したいのになかなか面倒w  

この作品が好きな人に、規模感が違うけれどポアロの「愛国殺人」をお勧めしたいですね。個人が考える正義の危うさを考えさせられます。

 

 

私にとっては「気軽に読めて厭な気分にならない本」として重宝していたポアロシリーズ。読破してしまったので、次はどうしたものか、迷うところです。

 

また京極先生でも読み直そうかしら。そろそろ夏、ですね。 

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

 

 

一人旅@バンコク

書こう書こうと思いつつなかなか腰が重かった2週間。暑いバンコクから東京に戻って風邪を引いていたので、本調子になれず。本調子だからってブログ書くのか?という疑問は放り投げて下さい。

 

さてさて、初東南アジア初バンコク初完全海外一人旅。一人でも問題ない「シティ」を選んだのもありますが、結果は大正解でした。電車網もあるし、街の人は観光客慣れしていて、コンビニも豊富。その点、香港と同じですね。

一年のうちで最も暑い「暑季」、日本の真夏をイメージしていただくと分かりやすいです。湿度が高く、連日30℃超え。雨季が近づいているためか、夜半〜朝方に雨が降り、昼間もやや曇り空が多めでした。しかし30℃超え。帽子を被ると頭が蒸れるので早々に帽子を諦め、サングラスだけで過ごしました。現地の人は気候に慣れていてそれほど汗をかいていないんですが、私は自律神経が「なにこれ?急に暑くない?なにこれ??」と、ずっと慣れないまま汗だくになっていましたw 出掛けてもすぐ汗でべっとりしてしまうので、マメにホテルに戻って着替え&休憩。駅チカホテルにして良かったです◎。

行きたい場所は細かすぎない程度に予定を立てて行ったので、それなりに回ってきました。ワットポーでマッサージを受けたり、ウィークエンドマーケット、オートーコー市場、ルーフトップバー、スパ等、初回バンコク勢に人気のラインナップではないでしょうかw 噂通り、チャイニーズとコリアンは多めですが、日本人街もあるので日本人もたくさんいましたね。毎日、電車に乗って日本語が聞こえる感じです。

 

・人に勧めたい点

THE夏!が好きな人はきっと好き

辛いもの&美味しいフルーツあります

ワットポーのマッサージ、良かったよ

ホテルの朝食ビュッフェで、ドラゴンフルーツ、パパイヤ、マンゴーばっかり食べました。美味しかった! ワットポーはさすがタイマッサージの総本山。ちと街中から遠いですが、観光ついでならアリかなと。

 

 

・勧められない点

街がドリアンとナムプラーのMIXスメルで臭い

チャオプラヤー川、ゴミが多くキレイとは言えない

ショッピングモールはつまらない←マカオでもモールは涼しい以外魅力なかった

どこでも売ってるドリアンは食べると美味しいらしいけれど、その後の口〜胃のコンディションに数時間影響する気がして、食べませんでした。ショッピングモールはただ単に、私が嫌いなだけ。ピカピカの箱ものでLVやCHANEL売ってるだけってつまらなくないですか?GINZA6もつまらな(ry

 

 

・心残り、次回以降やりたいこと

クッキングクラスを受ける

高級レストランに行く

英語をもっと話せるようにならなくては

現地の料理教室行きたいんですよね。言語に自信がないので日本人主催の教室に行こうと思ったのですが、日程が合わず。チープトリップで食事は適当に済ませたので、特別に美味しかったのがホテル内のちゃんとしたタイレストランから取ったルームサービスだけというていたらく。もう少しちゃんとした「美味しいもの」を食べるべく、店を調べて行けば良かった。英語力はひたすら無い。話せないw

 

 

 

東京に戻ってきて、涼しいし街は清潔だし天国だなって思いましたw ま、人は多いですけどね。

一人旅で心と向き合って考えたこともたくさん。もう少し、読みたい本を読んで整理したいと思います。

 

 

最後に一言。

やっぱり、東京はいいな〜〜〜!!!

LION


『LION/ライオン~25年目のただいま~』ショート予告

 

 

見て来た!!

すげええ泣いた!!!

 

子役の男の子、すごくかわいい〜!!

インド人の子どもを養子にしたオーストラリア人夫婦の「ママ」をニコール・キッドマンが演じていますが、初めて男の子を迎えたときウッキウキの顔で「見て、すごくカワイイ!!!」って言ってたんだけど、わかるわかる。ほんとにかわいい子だった〜〜。

実話を基にした映画なのでおおまかなストーリーは把握していたものの、養父養母がの志が尊い。私も、誰かの役に立つ人間になりたいな〜っと思って泣いちゃう。( ;∀;) イイハナシダナー

 

インドだから見た(←まだトレンド継続中)、ってのもある。主人公のデーブ・パーテル(スラムドック・ミリオネア主演)、好きです。彼はインド系だけどイギリス人なんだよね〜。オーストラリアの大学生活シーンを見ている時は「やっぱり彼インド人っぽいわ、白人社会だと」と思うんだけど、いざインドロケシーンになると「こんな白めのインド人いない、背も高いしこぎれいだし」という印象。デーブ・パーテルって187cmあるんですよねw

 

 

 

それから。。。

GW前半に見たのは「101回目のプロポーズ」。1991年! 四半世紀たっちゃったよ!

浅野温子演じる薫(30)と武田鉄矢演じる星野(42)がお見合いして〜〜ってスタート。つーかさー、30歳の女性がお見合いしようかなって言って、相手が42歳のオシャレ感ゼロな万年係長って、そりゃ断るよね? 星野はお見合い99回失敗している設定で、薫はオシャレなチェリスト。そりゃ断るよね?

しかし薫は過去の男(結婚式当日に事故死)を忘れられず、軽いメンヘラヤンデレ困った女。思わせぶりで、周囲の男に迷惑かけ放題。たぶんね、誰と付き合ってもうまくいかないよ、死んだ人には誰も勝てないんだもの。。。という印象。

往年の少女漫画感&今では考えられない価値観満載で楽しかったですよw 古いドラマって支離滅裂さがいいね。

 

 

 

 

さーて

タイ旅行近づいて来てるんですが、どうやらそろそろ雨季?らしく、天気予報が晴れ/雨マーク両方出ていて、全然意味分からん。適当な服でいこ。。。

 

 

一人旅企画中

バンコクへ行きます。

 

「暖かいところで辛いもの食べたい」と、東南アジア方面への旅を企画していたのが始まり。ホテルは夫のHotels.comクーポンで賄えるので、航空券代だけで行けます。

バンコクに決めたのは航空券が安かったし、一人旅でもそれなりに楽しめそうだから。

問題は暑さ対策かと、今から震えております。外出は朝と夕方にして、昼間はホテルに引きこもって、大人しくマンゴーでも食べてるかもしれませんw

 

 

見たことがなかったので、映画を見てみた。 

バックパッカーの聖地カオサンがちらっと出てきます。あとはピピ島方面。

ティルダ・スウィントンが好きなので楽しめたけど、見終わったあと悲しい気持ちになってしまいましたw

 

 

結局、「なに着て行こう〜?」ばかり考えている私。服のことを考え過ぎですw 汗かくだろうから、適当なユニクロで行くつもりなんですけどね。カジュアルな帽子を新調しようかな〜と悩み中。

 

旅行までの間に考え過ぎて、当日には行くのがだるくなったりするタイプなので気をつけますw

 

釣りはやってないんです

インド ジャイプールのブランドでピアスを買った。

それを付けて歩いていたら、地元で若者にナンパされた。

インド料理屋でインド人にナンパされた。

 

いや、そういうの、やってないんで。。。

釣りやってないのに雑魚がほいほい寄ってくる、恐ろしいアイテム、インドピアス。

 

あなたもどうですか?

 

https://www.tribebyamrapali.com/

 

 

到着まで5日くらいかかったかな〜

ちゃんと箱&巾着付きでした。可愛くてお気に入り。雑魚が寄ってくる魔力付き。

 

次はネックレスとバングルが欲しいです!

雑魚はもういらないです! 人妻なので!

 

ええ、ずっと言ってるあの沼の件です。インド沼です。

 

ついうっかりインドのブランドのピアス買っちゃいましたよね。まだ届かないですね。

ちょうどHoli(インドのカラフルな粉掛け祭り。春の到来を祝うものらしい)の時期だったからか、なかなかインド人働きませんね。発送されるまで5daysかかりましたね。途中で在庫ないよと連絡来たり、返事したり、レス含め色々遅くてびっくりです。日本人マジで働き過ぎ。インドこんなもんだぞ、と思った。

 

ボリウッドのゴシップサイトやインタビュー動画(英語)見ているので、英語力が上達してます。たぶん。何も目的がないと外国語って上達しないじゃないですか。この調子で上達するかもしれないです。自分が怖いです。

 

そんな沼です。人生の中でたまにはこういう異文化沼、あっても良いかも知れない。とりあえず英語は読めるようになりそうですw 喋れないのは相変わらずですが。

 

 

あとは料理沼ですね。

新しいメニューに挑戦しないと生活がマンネリするので、少しずつ作った事が無いメニューにチャレンジしているのですが、とうとうパスタマシンも買ってしまって、完全に沼を感じています。が、酒が好きすぎるとあるBARのマスターと話すと、彼はカレーを作るためにまず鶏ガラスープを取っているらしいので、私の沼まだまだ浅いです。大丈夫、まだ傷は浅いわ。

 

 

 

沼なし人生より沼あり人生のほうが、楽しめます。沼のない人生なんて! NO 沼 NO LIFE! VIVA沼!